HOME | 行事 | 平成24年境内整備

境内整備作業奉仕(平成24年8月)

平成24年8月18日に、境内整備作業奉仕が行われました。
そのときの模様をご報告いたします。




雨上がりの本殿裏手付近の様子です。
参拝の方のほか、抜け道として利用される方がいらっしゃることもあり、地面が踏み固められ、水はけが悪くなっていました。



少しまとまった雨が降ると、一帯に水が溜まり、まるで池のようになってしまうことから、氏子総代会役員の皆さんと対策を検討して参りました。



植田洋宙氏子総代会長、河原恵治総代会青年部長より、玉石の奉納をいただき、特に水はけの悪い部分に敷き込むことになりました。




8月18日、氏子総代会役員並びに八雲神社神輿会・一心の皆さまにより、玉石敷きの作業奉仕が行われました。




真夏の炎天の下、午後3時から約2時間かけて、スコップを手に丁寧に敷き込み作業を行っていただきました。



おかげさまで、足下の悪さがかなり改善され、夏休み明けには、裏手の小学校の子供たちも笑顔で通学してもらえるのではないかと思います。
ご協力下さいました皆さま、まことに有り難うございました。