HOME | 行事 | 平成24年節分祭

平成24年 節分祭追儺式

恒例の節分祭の様子です。1月28日(土)には年男による厄除祭と豆撒き、2月3日(金)には八雲神社崇敬者の家内安全と郷中繁栄を祈念する節分祭追儺式、ならびに節分講の祭典と豆撒きが行われました。


1月28日(土)に行われた年男の皆さまによる豆まきです。


1月28日(土)、八雲神社拝殿にて、今年42歳の厄年を迎える、茂木中・須藤中出身の有志のみなさまによる厄除祈祷が行われました。




ご神事が始まる時刻になると、豆まきを楽しみにしている近隣の皆様や子供たちが続々と境内に集まり始めます…。




いよいよ待ちに待った豆まきのスタートです。大きな袋や段ボール箱を抱えた子供たちの歓声が響く中、福豆はもちろん、撒き銭、餅、お菓子、ゴムボールなど、さまざまな「福」が撒かれます。




ケガやトラブルなどもなく、無事に豆まきが行われ、境内は大いに盛り上がりました。

2月3日(金)に行われました節分祭追儺式の模様です。


本年は、寒さは厳しいものの晴天に恵まれ、大勢の総代・世話人各位にご参列いただきました。



ご神前にて、郷中繁栄、家内安全、厄除等の祈願を致しました御札は、代参頂きました世話人の皆様により、氏子崇敬者の皆様へと頒布されました。



同日、町内外の事業所の首長様を中心にご加盟頂いております八雲神社節分講社の祭典も行われました。



祭典後の記念撮影の模様です。境内には、豆まきを楽しみに集まった皆さんが大勢ひしめいています…。



宮司の「鬼は外!福は内!」のかけ声に合わせ、まずは拝殿にて豆をまきます。



そしていよいよ待ちに待った豆まきのスタートです。境内は、福豆はもちろん、お菓子などのほか、講員有志によりご提供頂いた「福」も撒かれました。



境内は、つめかけた老若男女の歓声が響き、大盛り上がりです。



盛り上がり過ぎたのか、残念ながら土足で賽銭箱に登ってしまう不届きな小学生が数名いたようです。神様はきちんとご覧になっていますよ! 来年はこのようなことがないようにしてくださいね!



豆まきの後は、当社参宝殿にて、節分講社総会ならびに直会が行われました。



講長の古口達也茂木町長をはじめ、沢山の来賓にもご参加頂き、和やかに親交を深めて頂きました。


本年は、町内の事業所の首長様を中心に56名のご加盟を頂き、お陰様で盛大に豆まきを行うことが出来ました。「福」としましては、茂木コンクリート様より「プール招待券とタオル」、足利銀行茂木支店様より「駄菓子」、源太楼様より「ゆず大福とはと麦クッキー」、イトウ工業様より「清酒」、もてぎプラザ様より「お菓子・ストラップ」、野州たかむら様より「キャンディー」、塚本商会様より「はと麦茶」、小金屋商店様より「プリン」、半田造園土木様より「リポビタンD」、檜山肉店様より「コロッケ・メンチカツ・ハムフライ」をご提供頂きました。誠にありがとうございました。